toggle
2022-07-21

第63回パールレースJOSA会員チーム応援ページ

いよいよ明日7/23に開催される第63回パールレース。2020年のコロナウイルス蔓延で2度中止となっておりましたが、今年2022年は4年ぶりに開催されます。

三重県五ヶ所湾沖から神奈川県の江ノ島までの180海里(nm)を航行するこの外洋レースには、53チーム(IRCクラス45艇、ダブルハンドクラス8艇)が参加されます。

エントリーリストはこちらから→第63回パールレース エントリーリスト

JOSAでは、JOSA一般会員のチームを中心にパールレースを応援します。

レース中のトラッキング情報などは、のJOSAのfacebookページで取り上げて参ります。

それでは、JOSA一般会員艇(下記表参照)をご紹介していきます。

文・編集:堀内寛(JOSA事務局・広報)


ClassSail No.Yacht NameTypeORC
AJPN 6903タウ・ドラコニスロジャース46
AJPN 7028ZXPogo 12.50
AJPN 7000Lady kanonJ130
AJPN 6753CONSTANZEXP44
AJPN 6860Crescent IVJ / 121
AJPN 6687STARDUSTX41
BJPN 6793MISS NIPPON ⅧFIRST 40(CE)
BJPN 2228Le Grand BleuX482
BJPN 380Thetis-4First 40.7
CJPN 6835BartolomeDehler 38
DHJPN 5910ZeroIMX 40
DHJPN 789HARUKA miniMini6.50 POGO2
TCC(IRCタイムコレクター)が高い順に記載。DHはダブルハンドクラス、ORCエントリー艇は○印

IRC A Class

Crescent IVチームとSTARDUSTチームは、GWに行われた沖縄東海ヨットレース2022に参戦され完走されました(結果記事)。既に外洋レースを経験されているので、チームワーク等でアドバンテージがありそうです。また、タウ・ドラコニスチームにはJOSAチャレンジ会員の守屋有紗さんがクルーとして参加しています(守屋詳細ページ)。

IRC B Class

MISS NIPPON Ⅷチームは、昨年12月にJOSAチャレンジ会員の吉富愛さんがゲストセーリング体験をさせていただきました(詳細ブログ)。外洋レースの歴戦の雄である児玉理事のThetis-4チームはセールナンバーが3桁台という歴史を感じさせます。

IRC C Class

JOSA森村理事のBartolomeチームは、メルボルン大阪カップダブルハンドヨットレース2018の参加艇です(関連記事)吉富さんもクルーとして参加しています(Bartolomeでの大阪湾200マイルトライアル)。

Double Hand Class

沖縄東海ヨットレース2022に参加されたZeroチームは、今回はダブルハンドクラスでのエントリーです。HARUKA miniチームの加藤オーナーは、1月に行われたシーサバイバル&メディカルトレーニングに参加されました(今津氏のトレーニングレポート)。

また、JOSA主催のL30体験会に参加され、前回レポートを書いていただいた佐俣ご夫妻のVICKEチームもエントリーしています。残念ながら初島ダブルハンドヨットレースは強風のため中止になりましたが、外洋ダブルス日本選手権に続いての参戦です(佐俣いづみ氏のレースレポート)。各チーム頑張ってほしいです。


参照リンク

第63回パールレース公式サイト:https://pearl.racetosc.jp

facebook応援グループ:パールレース GO


【編集後記】

執筆編集しながらレース参加して〜な〜と悶々としております。堀内個人的にはホームポートの大阪北港ヨットクラブの各チームにも頑張ってほしいですし、ヨット仲間が多く参加されるこのパールレースを応援するのはとても楽しみです。

残念ながら名物の前夜祭は中止となってしまいましたが、参加者の皆様、今夜は十分に英気を養って明日からのレース頑張ってください!各チームの御安航をお祈りしております⛵️

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。