toggle
2022-07-25

第63回パールレース結果とORCクラス優勝のThetis 4の喜びの声

日の出に輝くダイヤモンド利島(Thetis-4提供)

4年ぶりに開催された第63回パールレースは、スタートは超微風で、後ほど風が上がるスピードレースとなり、熱い戦いが繰り広げられました。ご参加の各チームお疲れ様でした!

公式発表の成績表は下記ボタンからご確認いただけます。

JOSA会員艇の成績は下記のとおりです。児玉理事(オーナー)と池田理事(クルー)のThetis-4は、IRCクラス総合6位、Bクラス4位、ORCクラス優勝という素晴らしい成績を収められました。おめでとうございます!

タウ・ドラコニスは、コースタイム22:21:15という速さでラインオナー(ファーストホーム)でフィニッシュされました。Aクラス3位(着順3位)のCONSTANZEは、コースタイム23:58:58と24時間を切っての好成績を収められました。

IRC総合成績

ClassSail No.Yacht Name着順クラス順位総合順位
BJPN 380Thetis-4646
AJPN 6753CONSTANZE3313
AJPN 6753Crescent IV5515
AJPN 7000LADY KANON8822
AJPN 6903タウ・ドラコニス11026
BJPN 6793MISS NIPPON Ⅷ26928
AJPN 6687STARDUST281130
AJPN 7028ZX221232
CJPN 6835Bartolome34833
BJPN 2228Le Grand Bleu351037
総合順位順に記載

ダブルハンドクラス

Sail No.Yacht Name着順順位
JPN 5910Zero22
JPN 6982VICKE66
JPN 789HARUKA miniDNS

ORCクラス

Sail No.Yacht Name着順順位
JPN 380Thetis-441
JPN 6753Crescent IV2
JPN 7000LADY KANON33
JPN 2228Le Grand Bleu78
ORCクラス優勝カップ(Thetis-4提供)

ORCクラスで見事優勝をされたThetis-4の児玉オーナーのコメントです。(facebookのThetis 4ページに掲載された内容を許可をいただいて転載しております。)

第63回パールレース、4年ぶりの開催、レースを堪能しました。

スタートから苦手な微風の展開に我慢のセーリングを強いられたが、夕刻からの吹き出しに息を吹き返し先行艇を追走。J2→JibTop→A3→C0と徐々に上がる風に対応、初ナイトの学生クルーを含めた7人全員が良く動いてくれた。途中私のバウワークのミスで自らマストに上るオマケもあった。おかげさまでダイヤモンド利島を拝むことができ、利島からはC0→NO4→C0→A2、潮と風を読みながらのレースは緊張の連続だった・・はずだが年寄り2人はワッチ交代ごとにビールを消費、正に夏のパールの真骨頂だ。結果、IRC総合6位、ORCクラス優勝を獲得することが出来た。メンバーに感謝!

参照:Thetis-4 facebookページ
オーナー自らマストトップに登る(Thetis-4提供)

編集後記

Thetis-4、ORCクラス優勝おめでとうございます。またご参加の各チーム本当にお疲れ様でした!今回のレースは、ヨット仲間が数多く参加されていたので、レースのトラッキングフォローも楽しむことができました(facebookのJOSAページで更新)。コロナ禍の中でもGWに開催された沖縄東海ヨットレースに続き、素晴らしいレースを無事開催できたのは、参加レーサー各位はもちろん、各レース実行委員会の皆様、ボランティアの皆様のご尽力のおかげです。改めて最大の敬意と感謝を申し上げます。[JOSA広報・事務局 堀内]

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。