toggle
2018-05-23

【Normandy Channel Race 2018レポート②】

みなさん、こんにちは!
陸上班清水がお伝えいたします。

5月20日(日)11時にロリアンを出港した貴帆の北田さんと塘内さんは22日(火)カーンに無事到着されました!
陸上班は必要工具等を積んだワゴン車にてカーンまで移動。
一足先に貴帆の到着を待っていました。
レースヴィレッジのサン・ピエール停泊地横を流れるオルヌ川が美しく、昨年に続きNormandy Channel Raceの舞台である、カーンに到着した実感が湧いてきます。

18時過ぎでもこの明るさ

サン・ピエール停泊地では25日(金)から一般公開されるレースヴィレッジの準備が進められていました。

レースヴィレッジ

サン・ピエール停泊地までは、ウイストリアム水門を通り、チャネルを進みながらいくつかの橋を通過します。
貴帆は19時ごろにウイストリアム水門前に到着!
水門が開く19時45分まで束の間の休息。。。

ウイストリアム水門前

今回は急遽、ImocaやClass40などのチームで仕事をしているセーラーのジェロームさんを迎え3人で回航となりました。
レース前の練習を兼ねていたということもあり、ジェロームさんは最低限のサポートに対応してくれました。

左:Jérôme Solem氏

レース前から禁酒をするチーム貴帆ですが、無事にカーンに到着したことを祝ってお疲れ様のビールで乾杯!
みなさんお腹が空いていたようで、北田さんは差し入れのポテトチップスを豪快に召し上がっていました。。。

サン・ピエール停泊地には22時に到着。
翌日からレーススタート地での準備が始まります!
フランス到着後すぐの回航とお忙しかったお二人、この日はすぐにホテルで休息。。。
北田さん、塘内さん、回航お疲れ様でした〜!!

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。