toggle
2018-12-03

La Route du Rhum-Destination Guadeloupe通信No.20

みなさん、こんにちは!
陸上班清水がお伝えいたします。

貴帆の北田氏は先週金曜日まで船の故障や破損、気象では微風・無風に苦しんでいましたが、ついにダウンウィンドでのセーリングになった模様です。現在はおよそ7〜10ノットほどで船を進め、フィニッシュラインまでの距離を縮めています。

フランス時間AM7:00の位置情報

船上からは待望のダウンウィンド開始のお祝いにレトルトのタルティフレット(フランス・サヴォワ地方の郷土料理)を食べたとの報告がありました。じゃがいもと玉ねぎがメインのグラタン料理ですが、北田氏曰く日本版の肉じゃがから糸こんにゃくなどを抜いた感じとの事。
1,000マイルを切った記念にはJORAヨーロッパスタッフの櫻田さんより差し入れていただきましたヒジキをドライフードのお赤飯にトッピング。久しぶりに日本の味を味わった模様です。
レース期間が長まり、積載したレース食品の配分なども難しい状況ではあるかと思いますが、元気な様子が届き安心いたしました!

ロリアンにあるレース食品専門店で購入したタルティフレット

櫻田さんよりいただいたヒジキ!

また少しずつ日中の日差しと暑さが気になり始めたとの事で、日除けグッズを試着中。

完全防備!?

様々な着こなしができますね!

寒い国の人なので… @北田

日中は日本より用意した日除けグッズを活用し夜行性作戦を検討しているとの事でした!

レース全体ではラ・ルート・デュ・ラム40周年レースの勝者、Françis Joyon と2位に続いたFraçois Gabartによる僅差での優勝争いに続き12月1日(土)グアドループでは再び目が離せないバトルが繰り広げられたようです。Class40クラスのOlivier Magreが僅か139秒差でCarl Chipotelを抑え25位に着きました。記録は26日間20時間15分44秒です。参加したグアドループ人スキッパー最後のフィニッシュを決めたCarle Chipotelは12月1日(土)ローカル時間のAM5時18分3秒(記録:26日間20時間18分3秒)でフィニッシュラインを切りました。クラス1位のYoan Richommeとの差は10日間15時間55分19秒でした。

Carl Chipotel(pep’Guadeloup)
©︎Gilles MOREL #RDR2018

Class40のMiranda Merron(13位)のフィニッシュから6日、Carlに続いたのは12月1日(土)AM10時27分6秒にレース参加女性スキッパー2番目のフィニッシュを決めたMorgane Ursault-Pouponです。
Imocaクラスの女性スキッパーAlexia Barrierも同日にImocaクラスのラスト艇としてフィニッシュ。記録は27日間12時間20分54秒でした。

引き続きご声援のほど、よろしくお願い致します!

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。