toggle
2018-11-12

La Route du Rhum-Destination Guadeloupe通信No.12

みなさん、こんにちは。
陸上班清水がお伝えいたします。

11月11日(日)フランス時間の午前中、北田浩氏の貴帆はグアドループに向けて再スタートを切りました。

避港をしていたロリアンから出航する北田氏

フランス時間9時のトラッキング情報では貴帆はClass40フリートの39位についています。

11月12日フランス時間9:00の位置情報

現地点では53艇中6艇のClass40艇がリタイヤを正式に発表。また本日の公式サイト情報はClass40の注目セーラーの一人だったVandBのMaxime Sorel(2017年Fastnet1位)がUTC01:00の段階でディスマストをしたと伝えています。セーラーは無事で、カナリア諸島へ航路を向ける模様です。
40周年を迎える第11回La Route du RhumですがClass40においては特に歴史的なトランザットになることでしょう。スペイン、ポルトガルに寄港した艇、ブルターニュのマリーナに避港した艇達は先週の土曜日から昨日の日曜日にかけて再スタートをしています。一方レースから1週間を迎え、すでに1250マイルを帆走り貿易風というハイウェイを行く先頭フリート。トップを守るYoann Richommeは次のようにコメントをしています。(公式サイトより抜粋)
「とても天気がいいので、間も無くTシャツに着替えることでしょう。風が入り始めたので、だいたい平均11〜12ノットのリーチングです。これからの二日間は次のジャイブポイントに向けてまっすぐです。夕方からはスピネカーを揚げるけれど、南に来たことを実感しますね。私たちはトランザットのより面白い部分である第2ステージを迎えています!」

レース全体ではUltimeがついにフィニッシュ!
信じがたいシナリオではありますが、6日間に渡りトップを帆走っていたMacifのFrançois Gabardを最後の最後フィニッシュライン目前でIDEC SportのFrancis Joyon が抜き去り優勝を飾りました!この2艇がグアドループを回った60マイル、6時間に及ぶ勝負は多くの注目を集めました。
Francis の記録は7日間14時間21分47秒、次に続いたFrançois Gabardとの差はたった7分8秒でした。

ポワントピートルの歴史的夜の動画
La Route du Rhum-Destination GuadeloupeFB公式ページより

貴帆はおよそ5日間の避港期間を経て再スタートを切りました!
引き続きご声援をお願いいたします!

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。