toggle
2018-02-10

Bartolome号インタビュー記事「バルトロメ−遥かなる旅」

メルボルン大阪カップ2018に参加されるBartolome号の森村圭一朗氏と表正和氏のインタビューが届きました!

翻訳:堀内寛氏

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バルトロメ−遥かなる旅
Bartolome – The Journey so Far

みなさん、こんにちは。

JORAから多大なサポートをしていただいている
サンダンス マリン メルボルン大阪カップ2018に参加する
Bartolome号の森村圭一朗さんと表正和さんの公式インタビュー動画です。

2017年12月2日にたくさんのOHYCメンバーと友人たちのグループに見送られ、
約5,500マイルの回航へと旅立ったバルトロメ号は、
大阪北港から父島までの第1レグとミクロネシア連邦のポンペイ島までの第2レグまでを
もう一人のクルー堀内 寛氏と共にルーティーンを定着させました。

そこから残りの旅、ブリスベンまでの第3レグ以降はダブルハンドで行われ、
ブリスベンで入国手続きをして数日を過ごした後、さらに天候がおさまるのを待つためにシドニーで滞在しました。

以下は、2月6日早朝メルボルンに無事到着した瞬間の彼らの様子と、
次の日にこれまでの冒険と目前のレースに向けての心境を聞いたインタビューです。

お二人の個性が溢れる素敵なインタビューになっていますのでぜひご覧下さい!

 

Hi all.

Here’s an interview conducted this week with Bartolome, co-skippers Keiichiro Morimura and Masakazu Omote who are entrants in the Sundance Marine Melbourne Osaka Cup 2018. We here at JORA are right behind their campaign.

Farewelled by a large group of OHYC members and friends, Bartolome set out on her 5,500 NM journey on the 2nd of December 2017,

For the first two legs of the trip, the 1st leg from the Osaka Hokko to Chichijima and 2nd leg until the Pompeii Island of the Federated States of Micronesia, while they settled into a routine, there was an extra hand, Hiroshi Horiuchi on board. The remainder of the journey was run Double Handed with a stop in Brisbane for few days and a further stop in Sydney to wait for weather.

Following their arrival in Melbourne early February 6, we caught up with skipper Kei San for a chat about their adventure so far and his thoughts about the forthcoming race.

It is a wonderful interview full of the personality of both of them so please take a look!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公式サイトでは英語と日本語両方のインタビューが紹介されています。
On the official website, both English and Japanese interviews are featured.
http://melbourneosaka.com/news/bartolome-journey-far/

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。