toggle
2018-05-11

【メルボルン大阪レース】レース報告その2!

【メルボルン大阪レース】
先月4月29日、大阪に無事フィニッシュをされたBartolome号よりレースレポートが届きました。
3月27日〜4月8日における船上でのレース模様をお写真と一緒にご覧頂けます。
レースを楽しむ森村さん、表さんのお姿が素敵です!無事のフィニッシュおめでとうございます!!!
また堀内寛氏による英語Versionも合わせてお楽しみいただけますので、ぜひご覧ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レース報告その2タスマン海〜珊瑚海〜ソロモン海

記 :森村圭一朗氏
編集・英訳:堀内寛氏
英訳サポート:Cat Nakamichi氏

 

327

レーススタート前にSYCのジェニファーからいただいた手作りのアップルケーキ。冷蔵庫が一時停止となるためひたすらこのケーキを食べて3,4日過ごす。ジェニファーはぽっちゃりした親切なおばさんだが、さすがはヨット乗り。ホールのケーキを小分けにして一個ずつすべてジプロックに入れて渡してくれた。さっと取り出して食べれるのが助かる。同時にいただいたアボガドは冷蔵庫の中で別の生物に育ちつつあり、タスマン海への捧げものとなる。

328

タスマン海に別れを告げ珊瑚海に入る。珊瑚海に入ったとたん再びRace Directorより入電あり。今日の晩から3545Ktの風、あと波高は6m超える様子、注意してくださいなと。その情報どおり夜中過ぎより風が徐々に上がり始め翌朝には43ktにまで上昇する。

 すごい光景!

ここにいないと見れない情景がある。
海面が本当に生き物のように見える。
どこにでも逃げられるはずなのにどこにも逃げられない凶暴さを感じる一方で不思議と見とれる景色が広がる。

まるで生き物のような海面

メインはフルダウン。ジブを半分ぐらいリーフして疾走していく。
建物の3階くらいからの高さから落とされるが船は結構安定していている。
やっぱり外洋に出るには船の腰の強さが本当に大事だと痛感する。
インスペクションで復元消失角度の大きさにはかなりこだわっていたことが理解できた。
幸い40Kt越えは3時間ほどで終了。その後風は東に変わり20Kt程度。
アビームのいい風を受け軽快に走りEdgeとの距離を少し縮めてソロモン海に入る。

珊瑚海で束の間の休息

41

南緯17度を超え、Race Director17度を超えたというpassing reportを送る。珊瑚海を抜けソロモン海へと侵入するが東風が北風に変わり気持ちのよいセーリングは終了。ここからソロモン海を抜けるまで約10日間ひたすらクローズホールドを走ることになる。

44

Race Directorより再び入電。温帯低気圧に変わったIrisちゃんが再びハリケーンとして復活。後続スタートしたほぼ全艇に近くの港に避難するように避難勧告が出された。続々と後続艇は近くの港に避難して3日ほど過ごした後再びレース再開となった。はるか前方を行くMorning Star、ちょっと前を行くEdege、後ろから迫り来るAllegroChinese Whisperの両艇はこれに巻き込まれずにレースをそのまま続行することに。

レースが始まってからスピンとかジェネカーとかコードゼロとかなんか軽くてスピードの出そうな奴をまったく使う機会がない。

46

南緯9度を超え再びPassing reportRace Directorに送る。ソロモン海に入りずっと北風の中を北東方向に走りブーゲンビル島近くにまで来たときに微風につかまる。そのうち完全な凪となる。ここで2日間ほど足止めを食らうが夜は毎夜暴風に見舞われた。微風と暴風雨の繰り返し。日中にぐんぐん育った積乱雲が夜の気温低下により一気にダウンバーストしてくる。2Kt程度の風がいきなり25Ktにまで上昇し上空からの冷たい風が激しい雨とともに吹き降ろしてくる。リーフ、リーフ解除、コード0の上げ下げの繰り返し。なんだかリーフ作業の練習のように数知れずこの作業を繰り返した。

48

やっとそよそよだが安定した北風をつかんでソロモン海を抜ける見通しがついたとき、後発スタートしたAllegroを肉眼で発見!

Allegro

でかい!そしてやっぱり速い!
Allegro
FBでも紹介されているが超豪華な船。エアコン完備で造水機つきでたっぷりと容量のある冷蔵庫にバーカウンターまでついている。どっかにきれいなお姉さんもついてそうな勢いであった。
拙艇とほぼ同じ風速風向の中を走っているのにスピードと角度がまったく違う。
ミートしたものの、見る間に見えなくなってしまったが大人と子供との戦いと割り切ってしずしずとソロモン海を抜け410日ついに南太平洋海域に出た。

ソロモン海抜けるまで長かった~!

 ・・・・・

[English version]

 March 27

We were only eating the hand-made Apple Pie that Jennifer from SYC had made for us prior to departing, for a couple days because of the fridge must now be temporarily suspended. Jennifer is not only a very kind cheerful lady but also a sailor. She gave us each pack which was separated a piece of whole cake. It was so useful that we could grab and had easily. But the avocado that she gave us the same time were grown a different creature in the fridge so I threw them into the Tasman Sea as the dedication.

 

March 28

We said good-bye to the Tasman Sea and entered the Coral Sea. As soon as we entered the Coral Sea, we received a call from the race director again. He called our attention to the  imminent wind conditions of 35-45Kts, and waves of 6 m or more. According to the forecast, the wind would gradually rise from midnight to 43Kts the next morning.

 

What an incredible scene!

You have to see it to experience it.

The surface of the sea really looks like a living creature.

It seems like you can go anywhere but there is the terrible fact that there is no where to go. It’s a mesmerising sight.

 

We dropped the main and half furled the jib. Surfing waves of 3m Bartolome is thankfully stable. Out in the open ocean a sturdy hull is greatly appreciated. Now we understand why the inspectors were so particular about the angle of vanishing stability.

 

Fortunately, the 40 Kt winds only lasted three hours. Then it shifted to the East at about 20 Kts. We caught up some distance on The Edge on a beautiful reach into the Solomon Sea.

 

April 1

As we passed the South latitude 17, we sent the Race Director a passing report. Leaving the Coral Sea we entered the Solomon Sea where the wind changed to the North ending our easy sailing. From now until leaving Solomon Sea, it will be 10 days of close hauling.

 

April 4

Another call from the Race Director. Cyclone Iris which had downgraded to a low pressure system was again gaining cyclone strength. An evacuation order had been issued to the boats in the main start. The main start boats retreated to nearby ports to hold out for 3 days before the race was restarted. Continuing were Morning Star-miles ahead, The Edge-a little ahead and chasing us, Allegro and Chinese Whisper and us. We have had no chance to use the light sails since the start.

 

April 6

As we passed the South latitude 9, we sent the Race Director a passing report. Since entering Solomon Sea, the wind has been from the North, and sailing in a North East direction close to Bougainville Island we finally caught a light breeze, which eventually died. For 2 days we were stuck with a gale blowing up at night. We flipped between light breezes and stormy weather. Storm clouds that built during the day became downbursts with the evening change in temperature. 2 Kts of wind suddenly grew to 25 Kts, bringing cold winds and heavy rain. Put in a reef, take out a reef. Put the code 0 up, take it down. Repeat. Constant repetitons feel like a never-ending reefing drill.

 

April 8

Just as we finally caught a stable wind to leave the Solomon Sea, Allegro’s sails became visible behind us.

Huge! and Fast!

As you can see on the Allegro’s Facebook, she is a luxurious yacht. Fully air-conditioned, a huge fridge and bar counter.

Sailing in the sama wind condition, but their speed and  line are very different.

In no time at all, they disappeared ahead of us.  No time for sulking, this is a serious race! We inched our way out of the Solomon Sea and into the South Pacific, So happy to be out of the Solomons!

 

 

 

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。