toggle
2018-03-01

「オーストラリアのヨット事情」Ian MacWilliams氏より

「メルボルン大阪カップ 日豪ヨットレース」レースメインのスタートまであと24日!
(Bartolome号は3月18日スタート!)

大会運営団体のメディア/マーケティング責任者:イアン・マックウィリアムス氏より、レーススタートが行われるメルボルン、ポートフィリップ湾にて2月23日〜25日の3日間で開催されたセーリングイベントのご紹介をいただきました。
このレースイベントは森村氏、表氏がダブルハンドで参加されるメルボルン大阪カップとは別のイベントとなりますが、オーストラリアに見られる盛んなセーリングイベントやクラブの様子も合わせてお伝えいただいております。
年間を通し開催され、盛り上がりを見せるセーリングイベントなど、素晴らしいヨット環境が伝わって参ります!

フランスを中心としたヨットレース情報とはまた違う、オーストラリアからの風をイアンさんのお便りと共に感じていただけるかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロデュース・英文:Ian MacWilliams氏
訳文:堀内寛氏

提供:Ian MacWilliams氏

日本からオーストラリアに訪れるヨットマンが感動することの一つに、オージーは頻繁にボートを楽しむ傾向があるということが挙げられます。

まず第一に、ここには小規模なビーチセーリングクラブから通常は大きな近代的なマリーナに隣接した大規模なクラブまで、様々な異なったグループに対応するクラブがあります。これらのクラブは様々なセーラーの興味に対応していますが、全てにおいて可能な限りセーリングをすることが含まれています。クルージンググループもいれば、ソーシャルグループもいますし、もちろんレーシンググループもいます。ちょうど良い天候が一年中全国にまたがり、多くのクラブが夏と冬の競技会を行なっています。冬場は最低でも週に1回、夏はもっと多く開催されます。

全国の大規模なクラブは、土、日のレースと同様に週の半ばにもレースが開催されます。サマータイムのある夏の間は黄昏時のレースも一般的であり、メンバーからのセーリングに対する要求に応えるため、年間のイベントがカレンダー全体に埋め尽くされます。

このようなクラブの一つに、Victoria州のPort Phillp湾の南端に位置する、Safety Beach Sailing Club(SBSC)があります。このクラブは、1960年代初頭に初めはビーチに出かけたり、トレーラーセーラーの活動が主な地元のセーラーの集まるポイントとして設立されました。そこから2000年初めに大規模な住宅開発と大型マリーナの複合施設が近くに設置され、独自の係留ができるボートハウスがたくさんできました。

その時以来、SBSCは多くの大型キールボートやクルーザーがマリーナに居を構えることができるセーリングクラブへとゆっくりと変化していきました。新しいクラブルームも最近建設され、ポートフィリップ周辺の他の大規模クラブと連携して施設が整えられました。

数年間、SBSCはその地域の他の2つの近隣クラブと一緒に年間航路レースを開催し、クラブのメンバーに毎週の定期的な活動以外のセーリングの嗜好を与えました。 2017年にこの航路レースにはSail Peninsula(半島レース)という名前が付けられ、金曜、土曜、そして日曜日の3日間に延長されたイベントには、湾周辺の競技者が参加招待されました。

この新形式になってから2回目のレースは、ちょうど2月23日〜25日に開催されたばかりで、参加者の多さには驚かされました。
金曜日に40艇以上が競争し、土曜日には53艇のスターターが3部門に分けられたレースに並んでいました。

私たちのビデオ・クリップはデイリーレースのためにマリーナから出航していくフリートの様子を映しています。そこには多種多様なボートが参加しているのが確認できるでしょう。恐らく参加者の25%はSBSC以外のクラブからの参加だったかもしれませんが、皆さんはこのクラブには、余暇を自分の好きなこと【セーリング】に費やしたいと思っている、非常に積極的なメンバーシップがあることがお分かりになるでしょう。

 

2018年2月24日Sail Peninsulaビデオクリップ
提供:Ian MacWilliams氏

One thing that tends to strike a yachtsman visiting Australia from Japan is the frequency that the Ozzie’s tend to use their boats.

For a start there are a variety of Clubs to cater for different groups from small off the beach sailing clubs through to the larger clubs that usually sit adjacent to a large modern marina. These clubs cater for sailors with a variety of interests but all involve sailing – and sailing as often as possible. There are cruising groups, social groups and of course racing groups. With reasonable weather across the country all year around, most clubs run both summer and winter competitions. In winter they’re held at least once a week and in summer more often.

Larger clubs around the country hold mid week competitions as well as both Saturday and Sunday racing. During the summer when Daylight Saving is in place, twilight meetings are also common and annual events are placed across the calendar to cope with the demand for sailing from members.

One such Club is Safety Beach Sailing Club (SBSC) which is located at the southern end of Port Phillip Bay in Victoria. The club was established in the early 1960’s originally as a gathering point for local sailors, where off the beach and trailer sailing were the main activities. Then in the early two thousands, a large housing development and marina complex were established nearby, many of the houses with their own moorings.

Since that time the SBSC has slowly changed to cater for this shift in the sailing fraternity, with many larger keel boats and cruisers taking up residence in the marina. New club rooms were recently built bringing the facilities into line with other larger clubs around Port Phillp.

For a number of years, SBSC held an annual Passage Race alongside two other nearby clubs in the area and this gave members of the clubs concerned a taste of sailing outside of their regular weekly activity. In 2017 the Passage Race was given the name Sail Peninsula and competitors from around the Bay were invited the join the event which was extended to three days, Friday, Saturday and Sunday.

The second event in the new format has just been held from February 23-25 and the number of entries was surprising. More than 40 boats competed on the Friday and on Saturday 53 starters lined up for the race which was divided into 3 divisions.

Our video clip shows the fleet as they departed the Marina for the days competition and you’ll see that there was a large variety of boats taking part. Perhaps 25% of the entries were from clubs other than SBSC but you’ll see that this club has a very active membership, all keen to use their spare time doing the thing that they love – sailing.

提供:Ian MacWilliams氏

ほかの記事を読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。